大会企画シンポジウムⅠ

テーマ「動き始めた新要領・指針等の実質を問う」
話題提供無藤 隆(白梅学園大学)
秋田 喜代美(東京大学)
企画・司会日浦 直美(関西学院大学)
髙橋 敏之(岡山大学)

プロフィール

無藤 隆(むとう たかし)
白梅学園大学大学院特任教授。専門は、発達心理学・教育心理学、保育・幼児教育、小学校教育。社会的活動としては、元・日本質的心理学会理事長、元・日本発達心理学会理事長、保育教諭養成課程研究会理事長、中央教育審議会委員、内閣府子ども・子育て会議会長、国立教育政策研究所上級フェローなど。主な著書は、『幼児教育のデザイン』(東京大学出版会)、『3法令ガイドブック』(共著、フレーベル館)、『新しい教育課程におけるアクティブな学びと教師力・学校力』(図書文化)、『心理学』(共著、有斐閣)など。

秋田 喜代美(あきた きよみ)
東京大学大学院教育学研究科教授。同附属発達保育実践政策学センター センター長。博士(教育学)。専門は、保育学、教育心理学、授業研究など。社会的活動としては、厚生労働省社会法相審議会児童部会部会長、文部科学省中央教育審議会教員養成部会委員、内閣府子ども・子育て会議委員など。主な近著は、『子ども達からの贈り物:レッジョエミリアの哲学に基づく保育実践』(共編著、萌文書林)、『体を動かす遊びの環境の質評価スケール』(監訳、明石書店)、『キャリアアップ研修 マネジメント』(共編著、中央法規出版)など。

日浦 直美(ひうら なおみ)
関西学院大学教育学部・大学院教育学研究科教授。同大学副学長。博士(人間科学)。専門は、幼児教育学・保育学。社会的活動としては、日本乳幼児教育学会会⻑、OMEP(世界幼児教育機構)日本委員会理事、日本保育学会評議員、神戸市すこやか専門指導委員、寝屋川市子ども・子育て委員会委員長など。主な近著は、『保育学講座 第5巻保育を⽀えるネットワーク』(共著、東京大学出版会)、『保育内容総論』(共著、同⽂書院)、『寛容性の涵養に関する幼児教育学的考察』(⾵間書房)、『多⽂化共⽣社会の保育者』(共訳、北大路書房)など。

髙橋 敏之(たかはし としゆき)
岡山大学大学院教育学研究科教授。博士(芸術学)。岡山大学教育学部(学士課程)、岡山大学大学院教育学研究科(修士課程)、兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)の講義と論文指導を担当し、基幹的保育者、指導的教育者、実践的研究者の養成と学術研究に携わる。専門は、保育内容学、児童文化学、芸術教育学。特に幼児の表現、言葉、環境、児童文化と、それに関連する保育実践、家庭教育、幼小一貫教育、小学校生活科教育。審査制全国学会誌に掲載された査読付き学術論文92編(単著40編・第一著者11編)。元・岡山大学保育所なかよし園園長、現・岡山大学教育学部附属幼稚園長。